酔桜海、溺人波

K-30/LX-7/Q-10による写真や日々の備忘録等 
足跡やコメント等気軽に遊びに来て頂ければと思います 

2005年06月

 なにやら嫌がらせのようにレポートを出されました。前期の講義も半分を超えたってことでだしているのでしょうが・・・・。なんもほとんどの科目が申し合わせたように同時にださなくてもいいじゃないですかOTZ
 
 普段であれば、これぐらいの量なら適当にこなせるのですが私事と仕事がいろいろと詰まってる時期でして・・・・。

 というわけで、睡眠時間とゲーム、個人的にはこれが一番辛いのですが読書の時間を削ってレポートやってたりします。

 嗚呼、今週でマビノギのキャラが20才だから転生させてやろうと思ってたのになぁ。そんな暇ないや;w;

 というわけで、マビノギ復帰はしばらく時間がかかりそうです。アドバンスアイテムだけもらいにログインはしますがね。あとは釣り放置です。残念無念。

 実用英語検定を受けにいってまいりました。受験級は2級です。まぁ受験級はどうでもいいのですが(なら書くな)
 
 私の大学では英語の検定はTOIECしか行っていなかったため、近くの試験会場にで受けることになりました。で、最寄りの試験会場(といっても片道一時間強)である某高校へ行って参りました。
 
 受付をすませ、試験部屋に入ると、黒板が目に入りました。いろいろと注意事項が書き込まれていたのですが、その中に一部に「トイレ 男性専用:1F、2F、5F 女性専用:1F、4F」という注意書きがありました。別にこの文章になんら問題はありません。問題はそのあとです。
 
 試験開始数分になり、場内アナウンスが流れました。「男性専用トイレは2F、5F 女性専用トイレは4Fとなっています。また、1Fのトイレは共用となっております」
 ええぇΣ(・□・;)
 いや、共用はまずいですって。どんな教育やってんですかこの高校は。お父さん許しませんよ、とか無駄なつっこみを心の中で入れてしまいました。
 アナウンサーの方も失言に気づいたらしく、あわてて訂正を入れていましたが私はばっちり聞いてしまいました。いや、別にだからなんだというわけではないのですが(´・ω・`)
 
 受験結果は・・・・どうなんでしょうねぇ・・・・(遠い目

 街中や校内でタバコを吸っている方をみて、マナーの悪さに呆れ、不快になることが多いのですが。
 
 大学の帰りに電車から降り、バスに乗り換えるために停留所にいると先客がいました。5人掛けの椅子の端に座り、タバコを燻らせていました。またタバコすってるなぁと思って眺めていると、他のお客さんが椅子に座りました。と、同時にタバコを吸っていた方がすぐに席をたち、煙が周りに届かないところに移動してくれました。
 
 久しぶりにマナーの良い方に会い、良い気分で帰路につくことができました。喫煙する方が、みんな彼のように受動喫煙について意識をもっていてくれれば良いのですがね。

http://www.mercuriuslab.com/lorna/

6月7日はロナの日だそうで。せっかくなので祭りに参加してきました。といっても時間帯が合わなかったのでHP管理人さん主催のイベントにはでられなかったのですがねOTZ

まぁ格好だけでもロナにしようとおもい、ティルで帽子購入、ロングスカートは腐ってたシルクを使ってちくちく縫ってみました。んで、リュートもかって装着した画像がこれ↓

偽ロナ

 

 

 

 

ニセモノダ(´・ω・`)

なんというか配色メチャクチャでした。単品でみればそこまで悪い色ではないのですが、これでロナはさすがに無理があったかなぁ・・・・。というか私の髪の色が真っ赤なので、この時点でロナとは正反対なわけで。

 これを着て町中でリュートをかき鳴らしておりました。知人から頂いたすばらしい楽譜だったのですが、如何せん演奏スキルがFですよお兄さん。DEX上げに取っただけだしね。下手ぴぃな音で町中に騒音を振りまいてきました。まぁ公式の設定でもロナは演奏下手だったみたいなので・・・いいかな?(´・ω・`)

今日は「環境の日」です。
ということで、今日は少し環境に関わる話題で話してみたいと思います。(いや、環境系の学部に所属しているのだからいつ話しても当然だとはおもうのですが)
 
 先日、駅のコンビニでパックのジュースを買いそれを飲みながらバスを待っていました。バスの時間が近づき、パックを捨てようと思いゴミ箱を探したのですが、近くにありませんでした。先月までは停留所に一つ備え付けてあったのですが、それも撤去された模様。私が待っていた停留所からだと最寄りのゴミ箱まで徒歩で3分の距離でした。はっきりいって面倒です。かといって、ポイ捨てをするわけにもいかず、仕方がないのでゴミを持ったままバスに乗り、家まで持ち帰りました。
 
 ゴミ箱が撤去された理由は「生活ゴミの不法投棄が多かった」というものでした。
 ゴミ箱を撤去することで、不法投棄が本当に減るのでしょうか、また街の美化へつながるのでしょうか。少し考えてみたいと思います。
 
 ゴミ箱を撤去したことで確かに、その場所での不法投棄は無くなりました。しかし、前記しましたが「徒歩で3分の場所」にもうひとつゴミ箱があるのです。不法投棄をする理由は「ゴミ袋にお金がかかる」といったものです。ならば、お金をかけないためであれば3分程度の道のりならば歩いて、もう一つのゴミ箱まで捨てに行くのではないでしょうか。それでは何の意味もありません。
 また、今回私はゴミを持ち帰りましたが、誰もがそういった事をするとは限りません。もともとポイ捨てをしなかった人が、面倒だからとポイ捨てをするようになる可能性もあります。ゴミ箱に捨てられたゴミと違い、地面に捨てられたゴミをすべて回収することはまず不可能です。重量の軽い物は風で飛ばされ、排水溝などに落ち込んでしまう可能性があります。無害な物であればまだなんとかなりますが、毒性などをもつものであれば取り返しのつかないことになります。
 
 以上までの考え方から、私見では、このゴミ箱の撤去というものは、マイナスにしかなっていないと思います。不法投棄をしている人間に対してほとんど影響が無く、普段まじめに環境のことについて考えている・もしくは一般常識の身に付いているものにとっては重荷にしかならない。普段からポイ捨てをしているひとにとってもとくに影響はなし。これでは、何の意味もないのではないでしょうか。
 皮肉を言わせてもらえばひとつだけ利点があります。「役所が回収に回す費用が減った」ということですかね。
 
 とまぁ、今回はこういったテーマで話させてもらいました。街の中や自分の周りを、意識をもって眺めてみればいくらでも環境の問題が転がっています。皆さんも、一度自分の街を意識して眺めてみてはいかがでしょうか。

このページのトップヘ